地方(いわき)での建築・デザインを取り巻く環境を内側から見てみます。設計事務所の仕事は設計能力よりも日常への洞察と思慮で成り立っていること、図面の余白に書かれた見えないメッセージなどを紹介します。
おしらせ

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月26日

■お知らせ 2題
mainTitle[1]
http://www.gas-efhome.jp/
東京ガス主催「住まいの環境デザイン・アワード2008-人と環境と住宅デザインの真の融合-」を紹介。その審査基準のひとつに「都市において、家族や近隣との豊かな生活・人間関係を育むような住空間の新しい提案」とある。この基準で評価された応募作品が出現すれば・・住宅建築に正面から取り組むこのコンテストが相当楽しみである。期待したいと思う。
こういった作品募集は設計者やデザイナー対象ではあるが、現代の知性豊かな一般のユーザーにも学ぶことが多く、テレビ映りの良い住宅やハウスメーカー品だけが住宅ではないことがわかるはずである。来年2月の結果を楽しみにしたい。
071125_1350~0001.jpg

いわき市立美術館「ブールデル展」
写真を撮影してくるわけにもゆかずポスターで紹介。圧倒的な力の作品群だった。何かの機会に詳しく書くが、やはり空間を捉える力・・ということに関しては、欧米の文化は日本より百年の長がある。建築も同じであろう。特に形と色彩が融合すると日本人には手も足もでない。
あくまで個人的な経験であるが、かつて大阪で高松伸氏や安藤忠雄氏の作品を見てあるいていたとき予定では気にもとめていなかったケンブリッジセブンの海遊館を見、単純な青と赤の箱建築にそのことを強く感じた。それ以来、百年の隔絶は私から離れないし、こういった彫刻などの造形を見るたび、いつもそこに引き戻される。ただただ、「弓を引くヘラクレス」の前で呆然と立って迫り来るものに耐え凌ぐだけになる。
スポンサーサイト

2007年08月06日

■ブログを始めるにあたって・・
本来HPで充分なのですがブログを始めることにしました。理由は、最近の建築をとりまく社会環境がおかしいと感じたからです。毎日のように感じることがありますので毎日対処する必要を感じたからです。
 このブランド建築はマスコミが云うほど本当にいいのだろうか・・
 現在の建築界の議論は社会性を亡くしてはいないのだろうか・・
 コンパクトシティ論は何かを置き去りにしてはいないか・・
 グロバリゼーションは今の建築文化の何を失い何を得ることか・・
 そして  私が考える建築思想は間違っていないか・・

このブログはあくまでHPの延長におきたいと考えています。社会と個人の中間を埋める時間として・・、会議のあとの述懐、心配な仕事で眠れないときの一人酒、きつい仕事のあとの一服のように、フーッと深呼吸のようなため息をつきながら・・。
20070806170350.jpg

 | Blog TOP | 

プロフィール

管理人

Author:管理人
㈲ノア・アーキテクツ
代表取締役:福富大祐
住所:福島県いわき市鹿島町久保字馬場16-9
TEL:0246-58-8201 
FAX:0246-58-8204

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。