地方(いわき)での建築・デザインを取り巻く環境を内側から見てみます。設計事務所の仕事は設計能力よりも日常への洞察と思慮で成り立っていること、図面の余白に書かれた見えないメッセージなどを紹介します。
2009年02月

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月01日

■余韻・・200歳のショパン
200歳のショパン
ch01.jpg
今日は、事務所でショパンのノクターンを聞きながら仕事をすることにする。
昨夜の山崎典子さんの音の余韻がまだ残っている・・。彼女は、来年
ショパンが200歳になるので、今年199歳の生誕コンサートをフランスで
行うとのこと。今日は、東京でコンサート、数日後には沖縄でコンサートを
開いて、199歳の生誕コンサートの準備のために急いでフランスへ帰るの
だそうだ・・。

門外漢なのだが、ヨーロッパのショパンを聞かせてもらった・・と、昨夜感じた。
CDや映画などで普段聞いている甘いだけのショパンでなく、甘さを感じ
させるための裏味というか隠し技を、典ちゃんはしっかり教えてくれた・・。
本物といわれるものには、表現されたもの以外の裏づけが必ずある・・。
典ちゃんは一人でストラスブルクに生活しながら、日本にいては解からない
その裏づけの音を聞かせてくれたのだと・・様々なことと戦いながらも、時間を
かけてアカデミックにオーソドックスにしか学べない、ぐらつき様のないものが
ある・・。

甘く、スルーに流されず、けれども画一的でもなく、一つ一つの裏づけを
感じながら鍵盤をたたく音・・私たちのエスキスの線もそうでなければ
ならない・・。
そう・・デッサンの力は、ただ描くこと、描き続けることでしか得られない・・。
そこには、経済とか優劣とか、便宜とか効率とか、そういったものが入り
込む余地はない。

今回は話す時間が無かったのだが、また、「しっかりしなさいよ・・」と
言われてしまった。
少し感傷的にいえば、
彼女はツカツカと足早にショパンの音だけを残して帰ってしまった。
・・今夜は、お土産にもらったワインでも飲むことにしよう・・。
スポンサーサイト

 | Blog TOP | 

プロフィール

管理人

Author:管理人
㈲ノア・アーキテクツ
代表取締役:福富大祐
住所:福島県いわき市鹿島町久保字馬場16-9
TEL:0246-58-8201 
FAX:0246-58-8204

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。