地方(いわき)での建築・デザインを取り巻く環境を内側から見てみます。設計事務所の仕事は設計能力よりも日常への洞察と思慮で成り立っていること、図面の余白に書かれた見えないメッセージなどを紹介します。
2009年10月

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年10月18日

■若いツバメ
久しぶりに書く・・ここ暫くの間に、不幸があり、息子や妹に慶事があり、親戚
付き合いが増え、少しずつ個人的な状況が変わってきている・・親の他界は
自分が親になっていくことを改めて知った次第・・。

090524_1802~0001

090524燕

いつか書こうと思って、デスクトップに置いた写真が2葉・・、この夏の終わり
の紅葉の枝先のことである。
上の写真は枝先の夕暮れ、下はその2時間ほど後の写真である。
少し見難いが燕がいる・・この燕、実は数日間毎夜この枝先に来て、一夜を
過ごしていた・・風でも雨でもじっと・・である。
想像するに、今年育った若いツバメだろう・・未だ家族はなくいずれ近いうち
に群れと一緒に北へ行くまでの仮のねぐらなのだろう・・と 思う。
不安定な枝先だが、忍び寄り襲い掛かる他者を敏感に察知でき、適度に
身を隠すことができ、実は明日の生に繋がる安心できる今の居場所を、
鋭敏に感じている・・と 思うが、ふと、心配もした・・初めて向かう未知の
北国へ無事行けるのか・・もうすでに逸れてしまったのか・・群れて生きる
ことができないのじゃないか・・など。

ウィスキーをチビリチビリとやりながら、ふと、今年 縁で知り合った2人の
若いデザイナーを思った・・。
優秀なデザイナーなのだが2人とも離職して、農や山という自然と直接
向き合う仕事に向かおうとしている・・私が若い頃などよりもよっぽど生き方や
社会と自分という関係性に鋭敏で真摯だ・・しかし、親を超えて親になる年に
なるとやはり心配する・・群れて生きた方が安全じゃないのか・・行き着く先は
見えないんじゃないか・・それにしてもこの若いツバメたちの自分をリセット
できる力は何だろう・・と。

若い頃、友人に言われたことを思い出した・・。
・・・・お前、先頭を突っ走っているようなことを言っているけど、フラミンゴの
集団自殺っていうのがあってナ、あの鳥は理由もなくごくまれに集団自殺
するらしいが、今の種を保っているのはその集団飛行から、疲れたりして
逸れたやつが分かれて、残って、そのおかげらしいぞ・・・・

そうだ、・・万事、塞翁が馬・・だ、明治以来の官僚政治から離脱し
大きな政権交替が起こった時にいるんだった・・。
過去を変革しようとする時、その過去を作った人間の視線でものを
いってもしょうがないことだ・・。
若いツバメたち、頑張れ・・君たちの直感は正しい!

スポンサーサイト

 | Blog TOP | 

プロフィール

管理人

Author:管理人
㈲ノア・アーキテクツ
代表取締役:福富大祐
住所:福島県いわき市鹿島町久保字馬場16-9
TEL:0246-58-8201 
FAX:0246-58-8204

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。