地方(いわき)での建築・デザインを取り巻く環境を内側から見てみます。設計事務所の仕事は設計能力よりも日常への洞察と思慮で成り立っていること、図面の余白に書かれた見えないメッセージなどを紹介します。

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月24日

■いわきから・・
防犯までもとは・・
4.23 078

住宅の被害調査で廻っていると、このような空家が当然たくさんある。
そこで耳にすることは、
空家だけでなく避難所にいる人の家の殆どが盗難にあっているそうである。
地震・津波震災の直後から、一見してわかる地域外車・者が頻繁に
見かけられたそうである。
ガソリンが無く自宅に置きっぱなしの車には、明らかに自分のものでない
毛布があり、誰かが寝ていた形跡があるそうである。
誰も上っていない階段に足跡が残っているそうである。
仏壇に供えてあった菓子類が無くなっていたそうである。
津波かどうか、貴金属類だけがどうしても見つからないそうである。
店舗では自販機やゲーム機のキャッシュ部分が壊されている。

情けない話しだが、事実だけを言っておかなければならない・・。
被災の裏側の現実として・・。
被災者は今後の人生の不安と傷心の中にいるのに、この醜い現実の
防犯までも気に止めなければならないとは・・。
多くのボランティアや「情」の精神も人なら、こちらも人の
所業だ・・。愚か者だ・・。

共存とは・・

海上での様々な作業のための台船が陸に乗り上げている。
漁船と同様、海と陸の接点という厳しい環境で働く道具だ・・。
4.19 011

市場・・これもまた、海と陸の接点になければならない虚飾
など必要のない生命力に溢れた建物だ・・。
4.19 009

復興会議で、海との共存が検討されている。
生活を高台に集団移住させ、そこは緑やクリーンエネルギー
の町なんだそうだ。
海と陸の接点には、職業や産業だけがあるんだそうだ。

何か、違和感を感じる・・。
阪神淡路の震災復興の焼き直しは東北には通用しない・・と
私は思う。少し、思慮が浅すぎやしないかと思う。
建築や政治や経済の論理だけでは通用しない・・何か・・。

今回、東北人は「我慢強い」と評された。「我慢強い」とは
「諦めている(明らかにものを見る)」ということだろう。
「ふるさと」という言葉で表現された土着愛は
たとえば、飯館村や南相馬市の年配者たちがいう

「牛が可愛そうだから一緒にいたい・・」
「あそこの水を飲み、野菜を食べたい・・」   という

言葉少ない表現に全て表れていないだろうか、感じないだろうか。

諦めている・・覚悟しているんだよ・・命のもとはこの土に
あるんだよ・・という、悲痛の叫び・・とは言いすぎだろうか。

集団移住生活と職住分離は、よくよく考えると
東京に通うベッドタウンとどこが違うんだろうか・・。
そして結局、リスク分散できずにあの帰宅難民だったのじゃ・・。

よくよく考えてもらいたい。この津波被害の東北地帯は経済は
一次産業は小さく、収入は現実には工場やサラリーに頼っている
けれども、人の心根は、
大きい海と大きい山の狭間の小さい陸地で、ぎりぎりの接点で
自然と折り合いをつけて生きてきた人たちだということを・・。
そこが、阪神や東京とは違う・・。

物理性と科学を経営的利便性からだけ利用すると、今、問題を
起こしている「絶対大丈夫なはずだった・・」にならないだろうか・・。

そしてもう一言、今回の原発の避難対象区域の人々は、
「早く収束してください・・」と、皆、いうのは、
そうすれば、私は自分のふるさとで今までどおり海と山と
そして風評と共存しても生きて行きます・・という、「覚悟(我慢)」
があるというふうに、私には聞こえる・・。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

■トラックバック

■初心者でも簡単においしい野菜が作れます!傷病手当金を確実に満額受給するためには?

3分でできるこの方法を使うと、どんな場所でも今すぐに野菜作りが楽しめます!野菜作り一筋30年のプロ中のプロが、今までの常識をくつがえす、たった3分でできる、あまりにも簡単な家庭菜園方法をお教えします。

<< いわきから・・ | Blog TOP | いわきから・・ >>

プロフィール

管理人

Author:管理人
㈲ノア・アーキテクツ
代表取締役:福富大祐
住所:福島県いわき市鹿島町久保字馬場16-9
TEL:0246-58-8201 
FAX:0246-58-8204

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。